(04) ヘンプギャラリー

こんにちは。
今日はオーストラリアでヘンプ製品普及に努めるHemp Gallery社についてご紹介します。
ヘンプギャラリーはシドニー近郊、ベルローズという閑静な地域に拠点を置き、化粧品からソープバー、カジュアルウェア、ベビー服、ベッドカバーまで、幅広いヘンプ製品を開発、精力的に展開しています。

創業者であり現在も代表を務めるビアトリース・ランキンさんはプロの音楽家でもあるとともに、ヘンプ普及のための講演も多数こなしながらビジネスとしてのヘンプギャラリーを展開しているという、超多忙で超元気なオバチャンです。
例えばヘンプ生地ひとつについても、ヘンプ畑や織物工場も全て自分の目で確かめて、品質や環境対策について納得したうえで決めます。

現在はさらに、オーストラリアのアボリジニコミュニティも巻き込んでヘンプ産業の拡大をすべく、壮大なプロジェクトに携わっています。

オーストラリアは広大な大地、突き抜けるような空、無尽蔵とも思える資源に恵まれた国です。
一方で先住民族の格差、外国資本による超大型農業進出など、抱える問題はあります。

ビアトリースさんはそういうパズルをひとつひとつ考え、点と点を線にして、線を紡いで面にして、良い未来を作ろうという信念で動いています。

長期的視点の無い農業の拡大や、大量の化学物質を使って作られる衣料が普及している現状を良くするために、まさに東奔西走。
私自身、様々な角度から環境に関する仕事をしてきましたが、彼女が「持続可能な発展」という言葉を使う時、大変な重みがあると感じます。


ヘンプシーツの抜群の心地良さもさることながら、その背景に広がる大きな希望も意識すると、ヘンプ、ただものではないな、と思ってしまいます。

 

OZ Nature Giftではベッドシーツや毛布など、ヘンプギャラリーのヘンプ製品を取り扱っています。

全て自信を持ってお送りできるものです。ラインアップは今後も順次拡大予定です。

 

2017年01月18日