(07) レインボー

シドニーでは虹(にじ。へびではありませんよ!)をよく見ます。


とにかく一年中見ると言ってもいいくらい、よく見かけます。でも一番多いのは、やはり夏かも知れません。
何度見ても、虹っていいものですね。


特に、大きな空の左から右まで、大きくてくっきりしたアーチが「どっかーん」と出ていると、爽快な気持ちになってウキウキしてきて、大切な誰かに伝えたくなります。
東京で、初雪が降ってきた時の気持ちに近いですね。

なぜシドニーには虹が多いのでしょう。

分かりません! ('◇')ゞ
単に、東京にいた時よりもぼおっと空を見ている時間が多いだけかも知れませんが。

虹って、自然現象なわけですが、それ自身、特に意味はありませんよね。
もちろん、「光がこういう具合にこうなって」という仕組みはあるのでしょうが、自然界の中で虹が何かの役に立っているかというと、特に意味は無さそうです。

意味は無いけど、ヒトがそれを見たときに幸せな気持ちになれる。(ヒト以外の生き物にとっては虹なんて、食べることもできないし興味ないでしょうから。)

もしかしてそのためにこそ虹はあるのかも知れない。なんて思いつつ、今日も遠い空を見ながらワンコの散歩をしていますが、どこぞのワンコのウンコを踏まないように、足元にもしっかり気を付けなければいけません。


2017年02月26日